2021
05.29

人に頼る、という強さ

心理学

私が心のことを本格的に知ろうと思ったのは、一人で頑張ろうとしすぎた結果、どうにもならなくなってしまったから。

とはいえ、どうにもならない状況が「一人で頑張ろうとしすぎたせい」だとは、当時の私にはわかりませんでした。
肉体的にも精神的にも、キツい…という状況には何度か出くわしていたけれど、いよいよ限界が来たときに、はじめて「できないって言うことを、すごく恐れていた」ことに気がつきました。

人のニーズを受け入れて、相手が喜ぶために、嫌われないために、呆れられないために、自分のキャパシティをどんどんどんどん超えていきました。
結局、体を壊したり、情緒不安定になったり。

自分がNOと言うことは、相手が喜ばないどころか、嫌われたり、呆れられて、自分の存在価値や存在意義がゆらぐこと。

そう信じていた、ということになります。

頭で考えれば極端な思考だとわかるけれど、当時は『人の評価=私の価値』となってしまっていたのです。
だから自分の価値を失わないために、必死に相手を喜ばせるというおかしな構図に。

私だけでなく、世の中にはそんな人がたくさんいるなあ、と思います。

そもそも、何かをNOと言うことは、自分の価値を失うことでしょうか?

◯◯はできないけれど、●●ならできる。
今はできないけれど、1時間後ならできる。
私にはわからないけれど、あの人なら知っていると思う。

そんな交渉や代替案をはさむこともなく、そして何より、それをやりたいのか?やりたくないのか?
という「私のニーズ」は完全に失われています。

無理である背景には、今抱えているものが大きすぎるがゆえに、受け入れられないこともあります。
受け入れたいけれど、受け入れる余地がない。
その「余地のなさ」「余裕のなさ」に抱えている「何か」を解決することができたら、はじめの相手のニーズに快く応じられる「余裕のある自分」になれるかもしれない。

そのために、限界に至ってパンクする前に、無理をしている自分を認めることや、なぜそうまでして頑張ろうとするのかを知ることは、日々の全力疾走を有酸素運動に変えるような、健全で健康的な活動に変わっていく。

そんなふうに思います。

LIFE STYLE DESIGN COURSE・基礎 では、よりよい人間関係やコミュニケーションを築くための、自身の心理状態やその背景をひも解いて行きます。

ここからしばらく、基礎講座ではどんな内容を扱っているのかをお伝えして行こうと思います。