2018
02.20

色恋沙汰

コラム

「世の中から、色恋沙汰なんか無くなればいいのに…」
そう思ったことがある。

なぜかは忘れたけど、イロコイザタは、世の中を混乱させる
と思ったような気がする。

男女が恋愛をこじらせる事なく、
始まる時はときめいて始まり、
終わる時はしっかりと終え、
そして再び純粋に相手を思い、結ばれるとしたら、
憎しみや残念や無念なんて無くなるんじゃないか、
そうしたら、未来は明るいんじゃないか、って。

もちろん、人の思いはそんなに簡単なものじゃなく、
憎しみも恨みつらみもある、絶望に近い無念もある。

ただそれが一体、どこから来てどこへ向かうものなのか、
ということが自分なりに整理して昇華できたら、
やっぱりまた再び、人を愛することができると、そう今は思う。

いや、むしろ、愛さずにはいられなくなるのかも知れない。

思いっきり人を愛し、愛されることは、人生を豊かにする。

そもそも愛し愛されることは奇跡のようなものだし、
互いの愛のエネルギーが循環を終えたら、
再び自らの内なる愛を拡大するために
誰かと出会い、誰かを思うかもしれない。

そういうふうに、私たちの心や魂は、
「人を好きになる」という奇跡のスイッチを内包して
生まれて来ているんだと思う。

惹かれ、焦がれ、人を思う、その気持ちに出逢うために。
愛の大きさを、知るために。